とある科学の超電磁砲S

とある科学の超電磁砲S
A Certain Scientific Railgun S

recommend!

編集部おすすめ


unext

1,990

~/月(税抜)

入会金無料

公式サイトへ

詳細は準備中です

recommend!

編集部おすすめ


danime

400

~/月(税抜)

入会金無料

公式サイトへ

詳細は準備中です

recommend!

編集部おすすめ


netflix

800

~/月(税抜)

入会金無料

公式サイトへ

詳細は準備中です

『学園都市』。一八〇万人を超える学生が集い、超能力開発が行われている巨大区域。教師によるボランティア組織『警備員(アンチスキル)』や学生による『風紀委員(ジャッジメント)』によって守られたその日常の裏側には、今日も路地裏でいたいけな少女に絡む不良学生たちの姿があった。そんな不良学生たちを、一筋の電光が一蹴する。しびれて地に伏す不良たちの中に傲然と立つその人の名は、御坂美琴。学園都市に七人しかいない『超能力者(レベル5)』の第三位にして、『超電磁砲(レールガン)』の異名を持つ少女の姿だった。

鎌池和馬/冬川基/アスキー・メディアワークス/PROJECT-RAILGUN S

レーティング

NR

監督

長井龍雪

音声

日本語

字幕

なし

公開/放送

2013年4月

主演

佐藤利奈
新井里美
豊崎愛生
伊藤かな恵
ささきのぞみ
阿部敦

サイト別評価

Amazon

4.6

TSUTAYA

3.7

U-NEXT

4.5

RakutenTV

3.9

各サイトの評価は2018年12月19日時点のものです。変動している場合がございますのでご了承ください。

EPISODE

1

超電磁砲(レールガン)

180万人を超える学生が集い超能力開発が行われている「学園都市」。教師によるボランティア組織「警備員」や学生による「風紀委員」が都市を守る一方で、路地裏にはいたいけな少女に絡む不良学生たちがいた。 上条が夏休みの宿題に追われていた頃。学園都市近くの海中から、テトラポッドの上に上陸する者たちの姿があった。金属鎧で全身を包んだ彼ら–イギリス清教の騎士たちの背後で、突然響く鍔鳴りの音。

24

2

寿命中断(クリティカル)

「広域社会見学」を前に買い物に出掛ける美琴たち。ショッピングモールへの近道を選ぶと、狭い裏路地に多くの学生たちがいた。不思議に思う美琴たちは、その原因となっている「マネーカード」の入った封筒を拾う。(プリエステス)である神裂と連絡が取れない事態に、魔道書の持ち主であるローマ正教との衝突を危惧するイギリス清教。ことが起こる前に事件を解決するため、学園都市にステイルを派遣する。 一方、秋のイベント攻勢に向けて盛り上がる学園都市。各学校では、最初に開催される能力使用全面解禁の学校対抗運動会–大覇星祭に向けて、着々と準備が行われていた。そんな折、上条の元にインデックスがさらわれたという知らせが舞い込む。犯人の要求通り、学園都市の外にある廃劇場にひとりで向かった上条は……。

24

3

超電磁砲量産計画(レディオノイズけいかく)

いるはずのないところで目撃され、超能力者・レベル5のクローン製造計画と軍事利用、そしてそれが自分のDNAをもとにされているとの噂が広がる。美琴は不思議な少女・布束によってそんな記憶が呼び起こされる。

24

4

妹達(シスターズ)

忍び込んだ研究所で美琴は「クローン製造計画の中止」を知った。自分のDNAマップが悪用されなかったことを確認し、晴れやかな気持ちになった美琴は、初春や佐天たちと一緒にショッピングに出掛ける。

24

5

絶対能力進化計画(レベル6シフトけいかく)

自分と同じ能力に干渉されたような気味の悪い感覚に導かれ、美琴がたどり着いた先には常盤台中学の制服を着た少女がいた。それは自分とそっくりの少女だ。沈黙が支配するなか、少女が奇妙なひと言を発した。

24

6

あたし…みんなのこと見えてるから

中止されたはずの計画が続行されていた。「妹達」を運用した絶対能力者・レベル6への進化法だ。予想以上の実験内容に大きなショックを受けながらも、突き止めた実験場に着いた美琴を、無残な光景が待ち受けていた。(ジャッジメント)」支部に急行する。監視カメラの映像には、キャリーケースを奪い合う男たちの姿を映されていた。しかもケースは第二三学区のエンブレム付きで、宇宙線対策が施された特殊なものと判明。学園都市外部の人間らしき彼らと接触・制圧し、難なくケースを奪い返した黒子……だったが、突如その現場で謎の少女に襲われ、再びケースを奪われてしまう。『空間移動(テレポート)』系能力『座標移動(ムーブポイント)』を持つその少女は……。

24

7

お姉さまの力になりたいですの

「実験」の名のもとに次々と命を落としていく「妹達」。殺される運命を受け入れた彼女たちの姿と、何よりも過去の自分の行動によって「実験」が成立している事実に対し、美琴は深い罪の意識を抱いた。

24

8

Item(アイテム)

「妹達」とそれに関わる「実験」を中止に追い込む決意をした美琴により、次々と稼働不能にされた研究施設も残すところあと2カ所。だが、「実験」を行う者たちも、ただ手をこまねいていたわけではなかった。

24

9

能力追跡(AIMストーカー)

施設防衛の依頼を受けた暗部組織「アイテム」の1人、フレンダによって張り巡らされたわなを突破し彼女を追い詰めた美琴。そんな時、「アイテム」のリーダーで第4位の超能力者・レベル5の麦野沈利が現れた。

24

10

原子崩し(メルトダウナー)

「原子崩し」と「能力追跡・AIMストーカー」。これら「アイテム」の強力な連携で美琴は追い詰められる。追う側である麦野は、現在戦っている相手を学園都市第3位の「超電磁砲」と認め、一騎討ちを挑む。(ショートハンド)』を駆使しての戦いになだれ込む。渦中、ケガをしていた土御門は行動不能に陥り、変幻自在の魔術の前に上条も追い詰められていく。我が身を顧みない右手の一撃で上条に逆転を許したオリアナは、『刺突杭剣』を手放し、逃亡する。

24

11

自動販売機

関係していた研究機関の稼働を全て停止させ、「実験」を中止に追い込むという自分の目的は達せられた。孤独な戦いを終え、ようやく日常へと戻った美琴の前に、ツンツン髪の少年・上条当麻が姿を現す。

24

12

樹形図の設計者(ツリーダイアグラム)

「実験」こと「絶対能力進化・レベル6シフト計画」という巨大な闇を調べるうち、美琴はどうしようもない無力感にとらわれそうになる。しかし、自分の全てを懸けてでも、この計画を終わらせねばならない。–その目的を果たすべく、再び動き出すオリアナ。一方、上条は彼女のあとを追いながら、その行動の不自然さに思い当たる。イギリス清教の報告から『使徒十字』の使用には星座が関わっていると推測されたが、決定打に欠けるまま、上条はオリアナを追いつづける。その頃、彼女の足跡を追っていた土御門が、あることに気付き……。

24

13

一方通行(アクセラレータ)

「樹形図の設計者」とは、学園都市が誇る「未来予測」すら可能な超高速演算装置。全ての始まりであるそのハイテクコンピュータをハッキングし、忌まわしい計画を阻止すべく施設に赴いた美琴は衝撃の事実を知る。

24

14

約束

「お姉様から何か言ってくださるまではじっと待つ」と決意しながらも、黒子は連日美琴が不在にしていることに不安を募らせる。そんな彼女のもとに意外な人物が現れた。お姉様にちょっかいをかけていた上条だ。! そしてなぜかパスポートを持っていたインデックスとともに、上条は幸せな旅行を満喫すべく出発した。しかし、当然のように出発前の空港でトラブルに巻き込まれ、現地に到着してからも現地ガイドに置いてけぼりを食らい、自力でホテルを目指すはめに。その上、現地語の通訳として頼みの綱であるインデックスが行方不明になってしまう。言葉もわからないイタリア・キオッジアの地で、ひとり放り出されてしまった上条だったが、そこに救いの女神–オルソラが現れる。

24

15

最弱(かみじょうとうま)

「全ての始まりの原因となった自分が死んでも計画を止めなくてはならない」と決意する美琴を懸命に止めた上条。彼は「みんなが笑っていられる幸せな結末」を掴み取るため、ミサカたちがいる次の実験場へと急ぐ。

24

16

姉妹

上条により地面に沈んだ一方通行が見せた秘策は、空気、風、大気、そのベクトル全部を手中に収め上条にぶつけるというものだ。「最強」を超える「無敵」にたどり着こうとしている一方通行によって上条は倒される。

24

17

勉強会

「最弱」の右拳により美琴のクローン「妹達」をめぐる事件に幕が引かれ、再び平穏な日常が戻ってきた。そんなある日、寮監の厳しいチェックをくぐり抜け、美琴と黒子は時間外の外出許可を取った。

24

18

お引越し

「乱雑開放」事件以来、入院してリハビリに励んでいた枝先の退院が決まる。春上はひとり暮らしをしたことがない彼女を案じ、2人で同居することを決めた。春上の引っ越しの準備を進める初春はどこか寂しそうだった。

24

19

学園都市研究発表会

美琴たちは、公園の花畑で倒れている見知らぬ子供を見つけた。フェブリと名乗るその少女は、なぜか美琴の名前を知っていた。美琴には心当たりが全くなく、風紀委員にも該当する迷子の情報は届いていない。

24

20

フェブリ

学園都市の非能力系発表会、通称「学究会」会場内で、フェブリが警備ロボットの暴走事故に巻き込まれそうになる。大事には至らなかったものの、誤作動するはずのないロボットが動き出したという不審な点が残された。

24

21

フェブリを回収しようとしている何者かの存在があった。そして、フェブリが「科学的に作られた人造物」であると、エル顔の医者が発言。フェブリをめぐる状況は、にわかにきな臭さを増してきていた。

24

22

STUDY

フェブリに残された時間は72時間。彼女を救う手掛かりを得ようと、美琴は収監されているテレスティーナのもとに向かう。テレスティーナは、学園都市で暮らす子供たちは全て実験用のモルモットだと吐き捨てた。

24

23

革命未明(Silent Party)

学園都市では能力のレベルだけで価値を判断する。また能力の開発は先天的資質に負うところが大きかった。そして、わなにはめられた美琴と布束に向けて、有冨の口から「ケミカロイド計画」の全貌が語られる。(アクセラレータ)に、ひとつの命令が下される。

24

24

Eternal Party

最終話

有冨たち「スタディ」による「革命」。それは2万体もの駆動鎧を使ったテロだった。これを阻止すべく学究会各会場で奔走する黒子、初春、佐天、婚后たち。さらに多くの風紀委員たちの力を得て、テロに立ち向かう。

24

作品カテゴリー

ジャンル

とあるシリーズ

トップに戻る