伝説の魔女

伝説の魔女
Witch legend

シンファグループの後継者である夫を亡くしたスインは、舅に横領と背任の罪を着せられ服役。同房のボンニョら3人もそれぞれシンファと関わったことで服役していた。出所後4人はシェフのウソクの応援でパン屋を開き、スインは彼と心を通わせていく。

2014-5 MBC

レーティング

G

監督

ク・ヒョンスク

音声

韓国語

字幕

あり

公開/放送

2014年10月

主演

ハン・ジヘ
ハ・ソクジン
コ・ドゥシム
オ・ヒョンギョン
ハ・ヨンス

現在配信中のサービス

recommend!

見放題

編集部おすすめ

配信数業界最多!
レンタルもお得!

unext

1,990

~/月(税抜)

入会金無料

公式サイトへ

U-NEXT詳細へ

recommend!

見放題

編集部おすすめ

業界最安値!
各種特典つき!

amazon

301

~/月(税抜)

入会金無料

公式サイトへ

プライムビデオ詳細へ

recommend!

見放題

編集部おすすめ

ポイントで新作も!
レンタルも豊富!

tsutaya

933

~/月(税抜)

入会金無料

公式サイトへ

詳細は準備中です

recommend!

見放題

編集部おすすめ

レンタル作品多数!
1話無料作品も!

videomarket

980

~/月(税抜)

入会金無料

公式サイトへ

詳細は準備中です

recommend!

見放題

編集部おすすめ

フジ系見るならここ!
アジアドラマ多数!

fod

888

~/月(税抜)

入会金無料

公式サイトへ

詳細は準備中です

作品の配信情報は19/03/06時点のものであり、現在は見放題が終了している、あるいは配信が終了している場合があります。詳細は各動画配信サービスにてご確認ください。

サイト別評価

Amazon

4.4

TSUTAYA

3.8

U-NEXT

4

RakutenTV

5

各サイトの評価は2019年3月6日時点のものです。変動している場合がございますのでご了承ください。

EPISODE

01

第1回

シンファグループの社長夫人のスインは夫・ドヒョンの家族から冷遇されていた。ある日、事故で夫が他界し、スインは心労が重なり倒れてしまう。そこに通りかかったのは、娘と共にパリから帰国したウソクだった。

64

02

第2回

マ家の人々は次期社長の座をめぐって牽制し合い、スインを邪魔者扱いする。スインとウソクは偶然に再会するが、2度目の出会いも最悪なものだった。マ家に居場所はないと察したスインは、家を出て行こうとするが…。

64

03

第3回

スインは義父・テサンの意向でシンファ製菓の社長に就任。ウソクはテサンの娘・ジュヒの希望でシンファホテルの製菓長になった。中絶を要求するためミオに会ったドジンは、彼女の切ない胸の内を聞いて動揺する。

64

04

第4回

株価操作の疑いで検察の取り調べを受けることになったスイン。義父のテサンはスインを言いくるめて株式譲渡契約書にサインさせたのだ。テサンを信じていたスインは拘置所へ移され、ようやく彼の策略に気付く。

64

05

第5回

スインは懲役2年の刑を言い渡され、韓国女子刑務所に送られる。その10房にはボンニョ、プングム、ミオとその息子のクァンテンがいた。その頃、幼少時の記憶がないウソクの元に、差出人不明の手紙が届く。

64

06

第6回

製パン技術を教えるため刑務所にやってきたウソクはスインと再会。スインは10房の3人に心を開き、あるきっかけで4人は結束を固めていく。一方、シンファはスイン逮捕の一件で企業イメージが凋落していた。

64

07

第7回

スインはパン工場に視察に来たテサンと鉢合わせになり、あくまで罪を認めない彼にパンを投げつけ懲罰房に入れられた。そんな彼女にウソクはパンを差し入れて励ます。ボンニョは特赦で釈放が決まり…。

64

08

第8回

ウォンジェからテサンへの復讐を持ち掛けられたスインはそれを拒み、自分なりに復讐しようとパン職人を目指す。出所したボンニョはイムンの家で世話になることになるが、ウソクがイムンの娘婿だと知って驚く。

64

09

第9回

スイン、プングム、ミオは同じ日に出所し、再会を約束して別れた。スインはパン店・マンス製菓で住み込みで働くことになる。彼女はマ会長から慰労金を差し出されるが、受け取らずに謝罪を求めた。

64

10

第10回

テサンから自宅へ招かれて事業の話をするウソクに、マ家の人々は警戒心を強めていく。エンナンは、ミオとクァンテンに遠くへ行くよう警告する。スインは就職先の店長の不審な言動に違和感を覚え始めたが…。

64

11

第11回

スインは就職先の店長を殴ったため留置場に入れられるが、ウソクらが奔走し、事件は無事に解決した。行く宛のないスインとミオはサウナに泊まろうとするが、気の毒に思ったイムンは自分の家に住むことを提案する。

64

12

第12回

ウソクはシンファ本社への初出勤の朝、足を滑らせスインと唇を重ねてしまう。ベーカリーに面接を受けに行くスインを見つけたウソクはこっそり尾行する。そんな彼の元へ、失った記憶に関する3通目の手紙が届いた。

64

13

第13回

スインとボンニョの「魔法のきな粉パン」がレシピコンテストで大賞を獲得。ボンニョはテサンに、スインとミオに対する仕打ちを非難。テサンは、ボンニョから孫・クァンテンの存在を初めて知らされる。

64

14

第14回

フードトラックで手作りトーストの販売を始めたスインを祝うために駆け付けたウソク。2人の親しげな姿を見たジュヒは、彼らが同居していると知って嫉妬する。一方、ウソクはテサンからジュヒとの結婚を勧められ…。

64

15

第15回

プングムとミオもスインと一緒に働くことになった。スインへ思いを寄せるウソクは、ジュヒに好きな人がいることを告げる。ウソクをジュヒと結婚させたいテサンは憤慨。一方、ドジンはミオのことを諦められず…。

64

16

第16回

ジュヒからウソクを奪ったと、ジュランに責められたスインは、ウソクに私のことを好きなのかと聞く。ドジンはボギョンとの婚約式を翌日に控えてもミオのことが頭から離れない。一方、ヨンオクが刑務所から出所し…。

64

17

第17回

ジュヒは幼稚園でビョルの母親代わりをするスインを目撃し、ウソクから離れるよう要求した。ウソクは自分の気持ちに気付かないスインがもどかしい。ドジンはミオが刑務所にいたことを知り、ショックを受けた。

64

18

第18回

スインに告白するというウソクの話を聞いて泣きじゃくるジュヒのため、ジュランはまたもやスインを追いつめようと画策。ヨンオクはホットサンドのおいしさに感動し、スインに店を作ってやると言う。

64

19

第19回

スインたちのフードトラックがジュランの企てで盗まれた。テサンはジュヒと結婚させるため、ウソクを強引に本部長に昇進させる。ドジンはミオに会いに行き、クァンテンに遭遇するが、自分の子供だと気付かない。

64

20

第20回

スインをなじるジュヒを叱りつけたウソクは、改めてスインに思いを告げるが断られてしまう。ウソクはエンナンの策略で保育院へボランティアに行き、そこで昔の自分の写真を発見。写っている旗に目を留めた。

64

21

第21回

スインたちはヨンオクの投資で店舗を借りて「魔法のベーカリー」をオープンさせた。ウソクから子供時代の話を聞いたテサンは、ウソクが実はボンニョの死んだはずの息子・ジヌではないかと疑い始める。

64

22

第22回

ボギョンが未婚の母だと知ったドジンは結婚を拒絶。テサンはウソクがジヌかどうかを確かめるべくウォンジェに証拠を探させるが、困難を極めた。ある日、「魔法のベーカリー」が嫌がらせを受けてピンチに陥る。

64

23

第23回

ウソクが事故に遭ったと聞いたスインは、自分が彼を愛していたことに気付く。ドジンに冷たくあしらわれたボギョンは、ミオが子供を産んでいたことを彼に暴露した。一方、「魔法のベーカリー」は客足が遠のき…。

64

24

第24回

ウソクはけがを理由にスインに甘え、身の回りの世話をしてもらう。また、ドジンはミオとの結婚を決意した。コブク堂の情報を求めて製パン協会の掲示板に連絡先を載せたウソクの元へ、1本の電話がかかってくる。

64

25

第25回

ウソクはコブク堂で働いていたガンチュンと会う約束をするが、テサンの妨害に遭う。投資者のヨンオクは、売り上げ低迷が続く「魔法のベーカリー」の全員に恋愛禁止令を発令。テサンはウソクに関する新事実を知り…。

64

26

第26回

見合いが嫌で泥酔したジュヒはウソクに抱きつき、それを目撃したスインは腹を立てる。ヨンオクはプングムらと新たな企画を構想し、ジュランに接近。ある日、ウソクはテサンからベトナム支社長になるよう要請される。

64

27

第27回

ウソクは自分の本当の名前はジヌで、母親はボンニョだと知った。スインたちは大家の口利きで工場にパンの配達をする契約を取り付ける。一方、ボンニョが30年前に埋めた書類はタンシムの手に渡っていて…。

64

28

第28回

ジヌをウソクに仕立てて援助してきたのがエンナンだと分かり、テサンは激怒。エンナンはマ家を後にし、かつての恋人の復讐を果たすべく動き出す。ウソクはボンニョに、自分は実の息子だと明かす決意をする。

64

29

第29回

ウソクが我が子だと知ったボンニョ。2人は30年ぶりの再会を喜んだ。エンナンはテサンを破滅させるべく彼の悪事を株主に暴露する一方、ウソクにはコブク製菓の資料を渡し、あなたを支えてきたのは私だと告白する。

64

30

第30回

ウソクは30年前の火災の記憶を取り戻し始めた。シンファではテサンとエンナンの間で株をめぐる争いが勃発。ジュヒにパンの納品先を奪われて怒ったスインが会社を訪ねるが、ウソクとの間に誤解が生じてしまう。

64

31

第31回

ウソクはエンナンから、自分がジヌからウソクになった経緯を教えてもらう。そして、彼はスインに正式にプロポーズをした。エンナンにはさらに秘密があった。死んだことになっていたドヒョンを別荘に隠していたのだ。

64

32

第32回

2年の眠りから目を覚ましたドヒョンはシンファ病院に搬送された。ヨンオクに乗せられたジュランはついに多額の投資を決める。プングムからの電話でドヒョンの生存を知ったスインは、急いで病院に向かった。

64

33

第33回

スインはドヒョンが生きていたことを神に感謝しながらも、ウソクの気持ちを思って途方に暮れる。ドヒョンはそんなスインの変化を敏感に感じ取っていた。そんな中、スインが忘れていった携帯を見たドヒョンは…。

64

34

第34回

ドヒョンはついにウソクと対面することになり、スインがテサンの陰謀で刑務所に入れられたことを知って愕然となる。スインは偶然出くわしたエンナンに、「ドヒョンがいたらウソクと会うこともなかった」となじる。

64

35

第35回

ウソクは自分の父親を殺したのがテサンだと知る。しかしテサンは自分の犯行を認めようとせず、真相を知ったボンニョは倒れてしまう。一方、ドヒョンはスインとウソクが同じ家に住んでいることを知り、平常心を失う。

64

36

第36回

ジュランは、自分が投資したはずの40億ウォンが寄付に使われたと知り卒倒してしまう。退院したドヒョンはスインを呼び出して思い出の場所に連れていき、自分にもチャンスが欲しいと訴えるのだが…。

64

37

第37回

ドヒョンは社長に復帰し、ウソクはエンナンの推薦で副社長に就任。スインは法的に彼の妻に戻った。それでもウソクを思い続けるスインに腹を立てたドヒョンは、泥酔した彼女をホテルに連れていってしまう。

64

38

第38回

テサンの陰謀により検察に連行されたウソクを助けたいスインは、ドヒョンにテサンを説得してほしいと懇願。また、テサンの罪を知ったドヒョンは財務取締役を呼び出して真実を追及し、ある決意を固める。

64

39

第39回

父・テサンの罪をかぶったドヒョンは帰らぬ人となり、罪の意識を感じたスインはウソクに別れを切り出す。「魔法のベーカリー」のカエデパンをシンファが模倣したと知ったスインらは、シンファの前でデモを決行する。

64

40

第40回

最終話

スインたちはシンファ製菓の横暴ぶりを世間に訴えた。ウソクはスインにメッセージを残してパリへ発つ。1年後、マ家との因縁も一件落着したスインたちはひそかに結婚式の計画を立て、済州島に向かうのだった。

64

作品カテゴリー

ジャンル

こちらもオススメ

他の作品を検索する